LCCで気軽にお安く気軽に北海道に行こう

ジェットスタージャパン

オーストラリアのカンタス航空、三菱商事、日本航空などが共同出資してできた航空会社で、オーストラリアのジェットスターグループの航空会社です。

jetstar

スカイマーク

航空業界の規制緩和をきっかけに、サービスの簡素化や運航の効率アップなど企業努力により低価格の運賃を実現させたいわゆるLCCのはしりとなった航空会社です。

skymark

バニラエア

外国資本の多いLCCの中で日本のANAホールディングス100%出資の航空会社です。成田空港を発着を中心としリゾートをコンセプトに沖縄や北海道への運航を行っています。

バニラエア

エアアジア・ジャパン

2014年に新たに設立された航空会社でマレーシアのエアアジアや楽天、ノエビアホールディングスなどが出資しています。2017年10月29日より名古屋(中部国際空港)と札幌(新千歳空港)間に1日2往復で運航しています。

エアアジア

Jetstar スカイマーク バニラエア エアアジア
関東発(羽田空港) 新千歳 - - -
関東発(成田国際空港) 新千歳 - -
函館 - - -
名古屋発(中部国際空港) 新千歳 -
大阪発(関西国際空港) 新千歳 - - -
神戸発(神戸空港) 新千歳 - - -
福岡発(福岡空港) 新千歳 - - -
茨城発(茨城空港) 新千歳 - - -

1泊ずつホテルが選べるフリープラン

連泊ステイプラン

札幌市内ホテル

函館市内ホテル

LCCのメリット・デメリット

メリット

価格がお得

大手航空会社と比べて時期によっては1万円以上安くなる場合もあります

間際予約でもお得

出発の7日前まで予約が可能!
急に休みが取れたときにも安心♪

デメリット

空港ターミナルが遠い

空港ターミナルが端のほうにあったりタラップではなく送迎バスで移動の可能性もあり

欠航時の保証がない

欠航になった場合、他者への振替がありません。天候以外にも航空会社都合での欠航にも注意が必要

ページトップへ